12月1日東京MXTV「日曜はカラフル」 について

顔バレ承知で書く

去る11月28日に浅草ロック座で、東京MXテレビの「日曜はカラフル」の取材を受けた。
それが、1日の午前中に放送された。

倍速で内容を確認したが、「ネタに困ったときの『女性客とストリップ』」レベル。
もう、手垢にまみれているテーマ。
根本的な問題として、取材側のストリップの舞台自体と、ポラ館と浅草の違いなどの知識不足を否定できない。
同日、取材を受けた人からの情報では「ストリップと宝塚の対比」的な質問があった由。
ストと宝塚は、全く違う世界の話。
「何もわかっていない」との怒りの言葉を頂戴した。

また、TVスタッフ側に「とにかく、取材ありき!」の姿勢が強く見受けられた。
実は、28日には、ALLIYさんと楓彩さんが客席で勉強されていた。
小休憩のスクリーンにも映り、「ALLIYさん、お疲れ様です」「楓さん、こんにちは!」と声をかける客もチラホラ。
そんな中、「女性客としての意見を…」と取材しようとする番組スタッフ…
「その人、プロだよ。踊り子さん」
「えっ?」
ダメじゃん!
もっと勉強というか、空気を読んでくれ。


さて、過去の経験から、メディアが取材した素材を自分らに都合よく使用・編集するのは慣れている。
それでも、今回は「困った事態」となってしまった。
番組内での自分の発言の中の「BLストリップ」は、栗鳥巣さんらの伝説の舞台のこと。
TSの客席の殆どを女性客が占めたという、あの舞台・演目。
それを浅草の舞台ともとられる編集で、観るものに浅草への誤解を生じさせかねない。
劇場にも鳥さんにも迷惑をかけかねない。
インタビューを受けてる間に生じていた危惧「ポラ館と浅草を混同されかねない」が現実となり、言葉足らずの点を恥じ入り次第である。
その場で、きちんと、訂正なり補足なりを言っておくべきであった。
内容の事前確認、したかったなぁ


この取材関連は、冬コミ「雑感 C97」で詳細を報告する。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント